シェアしてくださいね↓
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

藤蔭会 第12回藤の茶会 鎮魂碑献茶式開催

延岡高等女学校の同窓会藤蔭会(酒井宗喜会長)の第12回藤の茶会が去る4月29日に延岡高校同窓会との共同開催で行われました。

当日は天候に恵まれ、延陵会館の中庭の藤棚の下や藤棚の見える部屋で、お点前を楽しんだ。

茶道をたしなむ藤蔭会員、延岡高校卒業生、在校生22人が茶をたてたほか、今年の園遊会の実行委員(高村実行委員長)が協力して、来場者をもてなした。

尚延陵会館正門そばの鎮魂碑の前では献茶式が行われた。鎮魂碑は太平洋戦争で亡くなられた248名を悼んで、平成17年に建立され、毎年茶会と同時に献茶式を行っている。

特攻要員として訓練を受け、出撃を待つ中で、終戦を迎えた平井幸三・延岡高校同窓会副会長(旧制延中41回卒)が思いを述べ、藤蔭会の会員が菓子や茶を供えた。

そのあと昭和19年に「みんなみの雲染む果てに散らむともくにの野花とわれは咲きたし」の辞世の歌を残して散った特攻隊員高崎文雄さん(同40回卒)の歌を塩月眞さん(同45回卒)が献詠し出席者全員が献花して、戦争の犠牲になった卒業生の冥福を祈った。

コメントを残す

最近の記事